カミラ・コレット

ノルウェー男女平等のパイオニア

Camilla.collett

Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported

カミラ・コレット、または旧姓カミラ・ヴェルゲランドは、女性普通選挙権が議決されたちょうど100年前の1813年1月13日、牧師であり1814年の憲 法制定どきの役人でもあった父ニコライ・ヴェルゲランドと、スコットランドの血を引く母アレッテ・サウローの間に生まれた。ノルウェーに住んでいる人なら ば、1979年発行の100クローネ札に載っていたカミラも記憶に新しいだろう。 カミラ・コレットはノルウェー最初のフェミニストと言われ、女性の権利と価値を社会に訴えた女性である。政治運動こそしなかったが、彼女の小説「知事の娘たち」は時代の節目になっている。

カミラの父、ニコライ・ヴェルゲランドは、当時としては非常に珍しく娘にも教育を受けさせ、当時14歳だったカミラは、デンマークのクリスチャンスフェルド にあったモラヴィア兄弟団経営の学校に入学した。同じ頃、姉のアウグスタは愛してもいない人と結婚させられ、このことがカミラの残りの生涯に大きな影を落 とすことになる。

二年後クリチャニアに戻ったカミラは、そこで詩人で家庭教師のヨハン・セバスチャン・ヴェルハーヴェンに出会う。しばらく するとクリスチャニアでは、二人が結婚するかもしれないとの噂がたったが、ヴェルハーヴェンとカミラの父とは馬が合わず、二人は結婚にはいたらなかった。 この出来事は、恋愛の集結という単純なことでは終わらなかった。男性であるヴェルハーベンにとっては、女性とのゴシップなどたいした問題ではなかったが、 女性であるカミラにとっては、男性問題は後々問題になりやすく、結婚障害にも発展しかねないことだったのだ。

心の傷を癒すためにカミラはハ ンブルグへ渡った。そこで詩人のテオドール・ムントを始め数々のドイツ詩人やジョルジュ・サンドと出会い、その間少しずつ執筆を始めた。その間出会ったの が後に夫となるヨーナス・コレットだった。始めの頃は二人で共同の執筆活動をしていたが、徐々にカミラは独自の執筆をするようになっていった。ただ当時は 女性が執筆活動をすることに強い風当たりがあったために、カミラは無記名で出版しなくてはならなかった。

カミラはヨーナスとの間に4人の息 子ができたが、長男が9歳で末の子どもが3歳だったときに、ヨーナスは結核で死亡。親戚たちが経済的な援助を申し出てくれたのにも関わらず、カミラは心か たくなに拒否した。シングルマザーとなった女性が経済的援助を受けることが、どういうことか良く分かっていたからである。未亡人になったカミラは ヨーナスと一緒に暮らした家を手放し、 国からのわずかな手当を頼りに、息子4人とほそぼそと生活して行かなければならなかった。 ところが不幸は夫の死だけにとどまらなかった。 1845年に愛する兄のヘンリックが他界し、その3年後に父が亡くなった。カミラは実家をなくし、心のよりどころであった親友のエミリエ・ディリクスも、 とうに過去の人となっていた。

そんな中、息子のロバートとエミールを親戚に預け、執筆活動のためにコペンハーゲンにおもむき、翌年の1853年にクリスチャニアに戻ってきた。そしてついに1854年と55年にカミラは「知事の娘たち」を無記名で出版した。

主人公であり、4人姉妹の末っ子のソフィーは、姉たちが愛してもいない男性と結婚し、幸せにはなれなかったのを見て、自分は親に決められた結婚なぞ決してす まいと思っていた。「女性は幸せになるのではなく、結婚するように定められているのだ。」とソフィーは結論を出したが、家庭教師のコルが彼女の心をとらえ た。だがこの恋も結局幸せにはなれず、後にソフィーは自分の父親のような年齢のライン牧師と結婚してしまう。

カミラは「知事の娘たち」で、 女性とは受け身で弱々しく、美しすぎてもいけないし、また優秀すぎてもいけないのだということを描いている。一方男性は強くて積極的、また知的で優秀だと されていた。まさにフランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソーの理想とする男女像が描かれている。 19世紀にはルソーの『ふさわしい』という言葉が、大きな意味を持っていた。ふさわしいとは言うまでもなく、男性にふさわしいという意味であり、女性とし ての身分をわきまえて、欲を抑え従順でいるということである。面白いことにルソーの「エミール」に登場する、エミールの妻となる女性もソフィーというのだが、偶然とも思えない。

その後カミラは「長い夜(1862年)」「流れに逆らって(1879&85年)」など数々の書籍を出版。当時のノルウェーは、ナポレオン戦争後にスウェーデン皇太子のカール・ヨハンがスウェーデン・ノルウェー国王として君臨していたが、1844年に死亡して皇太子のオスカー一世が次期国王になった。その間ノルウェー社会では少しずつノルウェー国家としての独立を叫ぶ声が聞こえるようになってきた。社会が政治的に変化して行くということは、女性の立場も変化して行くのだが、変化が始まっていたのはカミラが住んでいたクリスチャニアから遠く離れた所だった。例えばフランスではすでに具体的な提案がされていた。

プライベートでは母親として、カミラはさぞ辛い思いをしたに違いない、というのも、カミラは4人の息 子すべてをほとんどの期間親戚に預け、執筆活動を続けた。当然のことながら息子たちとの間に徐々に深い溝ができ、とくに夫の兄弟であるヨハン・コレットとその家族は、カミラの家族と違い保守的で、カミラの思想とは相容れなかった。唯一アルフとは親しい親子関係を築けたようで、母親のカミラを賛助し、後に 「カミラ・コレットの生涯」という本を書いている。

カミラはノルウェー女性解放の先駆者として、政治活動の代わりに文筆活動を通して戦いに挑んだ。女性の心や感情の解放を訴え、社会や子育て、それに加え不十分な教育が却って彼女自身を女性解放の道に歩ませたのである。政治の改革も必要だが精 神的な面と両面を同時に解放することが、最重要であるとカミラは主張した。

参考資料

  • Aasen, Elisabeth (2013), 1800-tallets kvinner, På vei til stemmerett, Oslo, Pax forlag AS
  • Collett, Camilla (2006), Amtmandens Døttre, Bergen, Vigmostad&Bjørke AS (Copyright 2006 by Vigmostad&Bjørke AS fra originalen i 1854&55)
  • Danielsen, Hilde; Larsen, Eirinn & Owesen, Ingebørg W. (2013), Norsk likestillingshistorie 1814-2013, Oslo, Fagbokforlaget
  • Rousseau, Jean-Jacques (1762), Emile, vol.3 (Omsetjing av Konno, Kazuo (1999), Tokyo, Iwanami shoten)
  • Ørjasæter, Kristin. (2011, 23. november). Camilla Collett. I Norsk biografisk leksikon. Hentet 5. november 2015 fra https://nbl.snl.no/Camilla_Collett.