アマル・アデン、ギナ・クログ賞を受賞

AmalAden fikk Gina Krohg pris

アマル•アデンについてはすでに紹介してあるが、このたび2016年度のギナクログ賞にアマル•アデンが受賞されることに決まった。ギナクログ賞のギナクログという女性は、ノルウェーフェミニスト連盟を1884年に設立し、女性参政権のために戦った非常に重要な人物の一人である。彼女の功績をたたえ、2009年よりノルウェーフェミニスト連盟が、女性の権利のために素晴らしい働きをした女性に授けている。今までに受賞されたのは、歴史家のイーダブロムや映画監督のアニヤブライエン、女性シェルター所長のトーベスモーダールなど、アマルアデンを含めて9人である。

アマル•アデンが選ばれたのは、次の理由だそうだ。

まず彼女はソマリア出身だが、ソマリアは日本とノルウェーの差より遥かに違った文化や国民性を持つのだが、そのような国出身の女性が、正規に教育もほとんど受けていないにもかかわらず、ノルウェー語をここまで習得してノンフィクション作家になり、数々の書籍を世に送り出している という功績は、誰もが認めざるを得ないだろう。書籍に関しては移民のノルウェー社会における適応のアドバイス始め、同性愛者であるイスラム教徒についてである。多くのソマリア女性は男性の権力に甘んじて、男性に対して権利を要求することはしないだろうが、アマルアデンは『男性のように』ズボンを履き、頭もヒジャブなどで覆うことはせず、ノルウェー人の友人たちと交流している。そのためにノルウェー国内のソマリアグループなどから、様々な差別や攻撃の対象になってしまうのだ。其れにも拘わらず数々の講演活動や通訳など、多岐に渡り大活躍している。

アマルアデンは現在33歳である。これからも差別や来襲にめげず、ますます平等社会のために奮起してもらいたい。

アマル・アデン、ギナ・クログ賞を受賞」への2件のフィードバック

    • コメントありがとうございます!アマル・アデンについては彼女の著書を2冊だけ読みました。壮絶な人生を送ってきたんですね、彼女は。全く頭が下がる思いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中