へムセダール・レイプ事件

この事件はまず、2014年にへムセダールというノルウェーのオスロに近い小さな町で起こった。事件の発端は、まず当時18歳だった女性が、30歳前後の三人の男性に次々とレイプされたことである。男性たちはそれぞれ恋人か婚約者があり、うち一人は子どももいるという。まず男性三人はその事件が起こった週末中ずっと深酒し、加えてコカインやハッシュ、それにMDMAという薬物を使用。その後あるバーで被害者の女性と遭遇し、三人のうち一人が所有するコッテージに一緒に行くことになる。 続きを読む